With your future

男も女もアイドル祭り

村焼いてほしい気持ちが爆発

村を焼かれたいジャニーズ10選

 
 
ババっと私のも紹介しちゃう!!!よ!!!
 
 
元ネタ
 

lgc-24.hatenadiary.jp

 
 
 
とっつーには普通じゃなく焼いてほしい。さすが奇行子って感じで。
 
村長の頭に灯油ぶっかけた後自分にも灯油ぶっかけてイエスイエス言いながら村中駆け巡ってほしい
 
燃やせぇえぇぇええって言いながら爆風のように駆け巡ってほしい
 
 
 
スッとサラッと燃やしてほしい
 
そんで焼かれていく村を見て「思ったよりも芸術的じゃなかったね」とか言って次の村行って焼いて「さっきの村よりはなかなかじゃないか。まるで…」となんか分からん洋画の1シーンにでも例えていたらいい
 
映画とか全員詳しくない部下に「そう思わないか?」ってもれなく同意を求めて弱々しい同意を得て満足してたらいい
 

全然スッとサラッと燃やしてない

 
 
8位 伊野尾慧(Hey!Say!JUMP)
 
部下に焼かせといて自分は俯瞰から
 
「あーあ、あの家の茅葺き屋根なんて今じゃもう見ないシロモノだよね〜。あっちは昔ながらの工法を使ったー」と淡々と建築ウンチク(おっと韻踏んじゃった)言っててほしい
 
大体ゴロちゃんと被ってるけど、伊野尾ちゃんはゴロちゃんよりサッパリしてそう(何じゃそら)
 
村を焼くのは構わないし、人が死ぬのも別にいいんだけど、家壊すのは何か心苦しいみたいな
 
私の中での伊野尾ちゃんはホテルミラコスタ東京ディズニーリゾート)だからね。壁にだまし絵の技法だからね。
 
 
ってことで。
 
 
 
光:焼け〜
村:やめろ!このハゲ!
光:おう!?誰がハゲじゃい!
村:おじさん!
光:お前らの方がよっぽどジジババやろ〜。てか早よ焼けや〜(イライラ)どんだけ時間かかっとんねん(部下のケツ蹴る)
 

みたいな。

コントか。

 
 
 
慎吾はすごい村焼いてる姿が見える…大体無表情でバッタバッタなぎ倒していってほしい。村焼く前におじゃマーップしちゃって村の食い物もバックバック食い散らかしてほしい
 
 
ザキヤマに「何でソフトクリーム食ってんすかぁ〜」とか言われてその場で即村焼きにかかる感じで。ザキヤマに「ソフトクリーム食べながら村焼くってwwwwえぇ〜wwwww」ってウザ絡みされるからバンと押してザキヤマを死の恐怖へと誘わせる慎吾…ウザいけど右腕ポジから降りはしないザキヤマ
 
 
5位 二宮和也(嵐)
 
もうちょい上でも良かったかも
 
でもニノはただ焼くだけじゃなくて〜やっぱり復讐とかで敵の村焼くみたいな皆さんの意見に賛同です。
 
私的には…
 
 
 
村長に母を村に伝わる架空の怪物の生贄として殺され
 
唯一の家族だったから
恨みに恨み続けてきたんだけど
 
ある日道端のすみれの花を愛おしそうに見ている娘に出会い、ちょこちょこそこで話とかしてたら好きになっていってね
 
でもその子はあの憎き村長の娘でそれも4人兄妹の3番目で全然大事にされてなくて
 
 
その年の生贄にその子が選ばれて村長は何のためらいもなくその子を殺す
 
 
怒りが頂点に達したニノは祭の夜村長の家から火をつけ村を焼く
 
 
 
『私はこのすみれと同じ。誰にも見てもらえず愛してもらえず生きていくの』
 
 
「でも俺は君を見つけた。俺は君のことを愛していた。いや、これからも愛するよ」
 
 
そしてニノ自身も彼女の元へ
 

よくある〜

紙芝居とかでよくあるやつ〜
 
でもニノって幸薄役似合うじゃん(酷)
それ以上に彼には愛が似合うから、愛に生きてほしいという私の願望ッ!
 
あのねニノって嵐の中で一番愛溢れる人だなって思うの。語彙力ないから説明できないんで割愛させていただくんですけど、とにかく、ニノは愛の人!!!慈悲ありまくり!!!無慈悲ならばそれは
 

愛ゆえの無慈悲!!!!!

 
 
 
あの白い肌と炎がベストマッチングすると思うんだ
 
部下に焼かせんじゃなくてヨコは完全単独行動で村焼いてほしい。左目探偵のときみたいなあの冷徹極まりない表情でもう村が焼け野原と化すまで永遠と燃え盛る炎を見続けてほしい
 
その様子を傍から見守る山田もつけとく?兄貴…ってやらせとく?二人の白い肌が燃え盛る炎によって赤く照らされていた…的な?あれ、オチねえ。
 
 
3位 マリウス葉(SexyZone)
 
マリちゃん絶対村焼かない!!村焼くわけないじゃん!だってFC会員番号104(天使)だよ!?イヤモニの色も104番の色だし!それに心臓に近い(☜ここすごいマリウスっぽい)左耳の方には天使の羽付けちゃってんだよ!こんな天使天使して天使じゃないならなんだって言うんだ!!!!!マリウス!村!焼かない!!!!!あめり!嘘!つかない!!!!!
 
 
しかし、マリウスさんね、演じる役がことごとくクールなんすよ。見た目がもう麗しいからさ、クールな役がハマってんだよ…
 
マリちゃんを3位に選んだのは悪夢ちゃん The 夢ovieでのシリアスな演技を見てだよ。あれ思ってたよりマリウスの役どころ重かったよ。でもマリウスの儚い表情がすごく良くて涙チョチョ切れたんだけどね。うん。自担だし、マリウスのキャラ的にもポップでハッピーな役してほしいんだけど、あの歳でドン底生きてる俺に未来なんてないみたいな顔出来ちゃうんだもんマリちゃんは天才だね(号泣)最近は歌うときも表現力に磨きがかかってあらゆるマリウス葉を出せる域までやってきたマリちゃんには是非バンバカ村焼いてほしい。
 
でもマリウスは人が嫌がることはしたくないって子だから、自分の村を焼くという立ち位置にすごく複雑な気持ちを抱いてる。ていうか上司(ゴロちゃん)に「僕焼きたくないです、こんなことするために日本きたんじゃありません!」って訴えるんだけど、「じゃあ君何しに来たの?」って言われて、『日本のみんなを笑顔にしたい』って言おうとしたけど自分のしたいことが曖昧すぎて言えないでいると、「君は村を焼くことでこの国の役に立っている。この国は君を必要としているよ?」と言いくるめられてしまう。自分は村を焼くことで必要とされているんだと言い聞かせてマリウスはまた一つまた一つ村を焼いていく
 
あれだから、望んでマリちゃんが村を焼くんじゃないから!!ゴロちゃんが焼かせるんだから!!!マリウスゴロちゃんのこと素敵な男性って思っちゃってるからすぐ言うこと聞いちゃうんだもん!村焼いちゃダメだよマリちゃん!!!
 
 
 
緻密なスケジュールを立て淡々と業務をこなしていく敏腕村焼き役人・櫻井翔(なんかダサい)。周りからは血も涙もない男だと言われてるけど、外野の言葉はシカトする精神でゴイゴイエリート街道突っ走る。なんたって父親は官僚だし、母親は大学教授。決められた道だけ俺は歩いていけばいい、そう思っていた。
 
ある日、上から新たに村を焼けとの命令が下り、その村に下見に行くとそこにはかつての同僚・松本潤がいた。「あれ、翔さん?久しぶり!」『……潤』松本も以前は村を焼いていた仲間だったが、ある村で運命の出会いをし、仕事を辞め今よりもっと栄えていたこの村に彼女と一緒に移住した。別に松本のことを忘れていたわけではない。しかし上から焼けと言われる村は大抵、限界集落で住民のほとんどは老人、松本のような若者は0に近い。だから、とっくにまた違う村へと移り住んでいるものと思っていた。『潤まだここにいたんだな』「え、なんで?ここ住みやすいし」松本はそう言うが周りは田畑ばかり、それにこの村の土地は農作に適していない。見ると細々と育ったお世辞にも美味しそうとは思えない野菜や稲。全く生産性のないこの村のどこが住みやすいのだろうか「あはは、翔さん、どこが住みやすいんだよって思ってるでしょ」笑う松本を見るのは何年ぶりだろう。「この村、焼かれんだね。…ねぇ翔さん、俺ら今までどんだけの命奪ってきたんだろう…」『分かんねぇよ。いちいち数えてらんねぇだろ』「だよね(笑)」『情に訴えかれられても無理だから。申し訳ないけどこの村は焼かせてもらう』「翔さんはこの村、必要じゃないと思う?」『あぁ。こんなとこじゃ俺は暮らせない』「都会って便利だよね、何でもある、金があれば何でも手に入る。俺だってこの村、生きていきやすい村とは思ってないよ。けどそれ以上に人と人の繋がりがすごいんだ。1人のために村全体で助けようとするんだ。前の環境では絶対にあり得ないことをここでは当たり前のようにするんだ。…村を焼けって言われて村焼くだけじゃない。人、作物、家、歴史。その村のあらゆる物をまるごと燃やしてなかったことにして必要かも分からない建物作って日本は発展していってるなんて馬鹿げたこと言うんだ。ねぇ、翔さん。翔さんは何のために村を焼くの?自分の地位?権威?ただ流されて生きていくのって楽だよね。でもそのまま流されていってたら、すぐ捨てられちゃうよ?翔さん頭いいから分かるよね?」「……」
 
 
さぁ、櫻井はどのような決断を下すのか、村の運命は?次回最終回120分拡大SP!!!(え、最終回?)
 
この村焼き政策(いつの間に政策に)は限界集落と断定された村とその住民の老人たちを排除するためのものであって、老人たちを殺して年金に使う金を減らしたいとかいうお偉いさん方のエゴのための政策なんですねハイ。結局村焼いちゃうんだけど、松本に感化された櫻井は村の住民を全てまだ村焼きリストに載ってない村に移住させてあげるんです。まあ、それがバレて櫻井はエリート街道を降りることとなるんですが、そっから先は知りません。私もこんな妄想するつもりなかったんだもん!!!今自分にすごいドン引きしてる!!
 
私良心ない人とかいないって思ってるんで結局いい話になってしまう…いや、これはいい話なのか…
 
 
1位 佐藤勝利(SexyZone)
 
なぜ勝利さんが1位かというと
 

火が似合うから。

 

ただそれだけです。あの綺麗な顔に火とか国の重要文化財に即認定ですよ。彼は日本の文化となる!!!そうですね、何の理由もなく村燃やしてもらっても全然構わないんですけど、勝利さんには涙流して欲しいので。国宝級のルックスに涙と炎のトリプルコンボですよ、

死んでもいい。

 
設定つけるとしたら、村に謎の伝染病がはやって、村のほとんどの人がなくなってしまうんですけど、勝利は村でただ1人病にかからないのです。次第に村の中で孤立してしまう勝利。何で自分だけかからないんだと自分を責め続ける勝利。そんな勝利を支えるのは幼なじみで親友の松島聡だった。(もうここから私の趣味嗜好爆発しちゃう)家族もかつての友人もみんな亡くなっていって、村は勝利と瀕死の状態の聡だけになった。必死に看病を続ける勝利だが、聡は一向に良くならない。そして聡に最期が近付く……「勝利…俺、もう無理みたいだ」『聡!待って、今薬持って…』立ち上がろうとする勝利の腕を掴む聡「もういいよ、勝利…薬なんて効きやしないんだから」涙が出そうなのか、顔が歪む聡「…俺、勝利が羨ましかったんだ。何でも出来て、みんなから慕われて。みんなかかる病気もかからないしさ。…すごい羨ましくて……すごい憎かった。勝利の隣にいると自分が惨めに思えてくんだよね。」それは勝利にとって絶望に価する言葉だった『俺何にも出来ないよ。1人だけ病気かかんないくせみんなのこと助けられないし、友達と思ってた奴らもみんな俺のことをバケモン扱いだ。こんな俺が羨ましいか?』「羨ましいよ。」『憎いか?』「うん。憎い。」『………』「卑怯だよな、死ぬ間際にこんな事言うの。勝利が一番苦しいの分かってるのに。でも勝利が病気かかんないのはさ、神様がお前を死なせたくないからだと思う。神が生きろって言ってんだよ。この村のすべての人の命背負って生きてけって言ってんだ。」『そんな、そんなの俺には無理だよ』「無理じゃない。勝利にしか出来ないんだ。」グッと腕を掴まれる。しかしその力はすぐに抜け頼りなく薄い布団の上に戻る「勝利、もう…無理…みたいだ…」『聡!?聡!』「みんなの…想い…背負って……生きてけ…ここに…留まってちゃ………ダメだ…」『聡、待ってくれ、1人にしないでくれ…』「だ、い…じょぶ……前に……進……め…」スッと聡が目を閉じた。もう息は聞こえない。涙が一筋頬を伝う。その後、堰を切ったように溢れ出る涙。枯れるまで泣き、1人残された勝利はみんなが成仏できるようにと村を焼き、残った骨を一つ一つ拾い丁寧に土に埋める。みんなのあの世での幸せを祈り空を見上げる。『俺は前に進む』聡の言葉を胸に勝利は一歩を踏み出したのであった。
 

 
もう何だこれ。自分で自分の脳に追いつけないとかあんの?あるんだよね!ね!!勝利さんにとっての村焼きは流行り病で亡くなった人たちの供養のためということで。いい子…いい子や勝利は…(泣)あと、勝利さんの心を動かすのは聡くんしかいません!!!私はしょり聡がもうどんなコンビよりも大好きなので!早く!共演しろ!!!!なんか2人でドラマしちゃえ!!!!!
 
 
ということで、後半の方は私の妄想だらけという非常に痛々しいものとなったのですが、今回出ていないグループに関して言うと、私ちょっと情報がなくてですね、選考から外させていただきました…。今回外させていただいたグループのこともこれからお勉強させていただきたいですね!
 
というか、村焼きって時代背景がまず掴めてなくて…もうズタボロ書いちゃったんですけど、まだ18の小娘の戯言だと思って寛大な心で見てください…って最後に言っても意味ないな。
 
いやーでも結構考えるの楽しかったです。うーん、光一は雑すぎたかなやっぱりwww