With your future

男も女もアイドル祭り

私のジャニオタ遍歴④〜失う期待、楽園への帰還〜

前はSexy改革までお話ししました。

 

ameli0316.hatenablog.com

 
 
 
では続きを
 
 
3人でのシングルを発売し、メンバーを流動化させるという驚きの展開をみせるSexyZone。
 
 
私が風呂場でめっちゃ泣いてる間にTLも涙涙で大洪水であった。
 
 
音楽番組で「今だけです!このシングルは3人なんです!」と何度も訴える3人はまるで事務所の操り人形のようで、じゃあ次のシングルからはまた5人が見れるんだと期待する私達は催眠術にでもかけられているようで…
 
結局次のシングルだって3人曲であった(ヒトメボレ)中居くんが後ろの2人は?と聞くたび胸が痛む痛む…中居くん触れてくれてありがとうとか中居くんSexyZoneを救ってあげてとか言ってるファンもいるのだが、私は逆で、中居くんがせくぞを助けることにはならないと思っていた(ま、そこは掘り下げませんけど)。
 
テレビも雑誌も全部3人と聡マリで分かれてて、これじゃあ何のために5人でデビューしたのか分からない状況。応援する意味ないんじゃないかと正直思った。けれど、3人が悪いわけじゃないし、マリウスを何とも思わなくなったわけじゃないし、5人が大好きだから応援し続けることを決めた。
 
 
聡マリちゃんは干されてる状況でもグレることなく、これが自分たちが前進するチャンスと捉え前向きに活動していく。上3人も雑誌で5人で大きくなるために今は個人個人の力を蓄えていると言っていて5人が5人ともSexyZoneのために頑張っている。
 
 
クリエなどでJr.と共にステージを作り上げる聡マリはどんどんスキルが上達していく。レポを見るたび成長を見たいなという気持ちが湧く。でも次に出す3枚目のアルバムはまた3人しかいないジャケット。5人で歌っている新曲はたったの1曲。
 
 
SexyZoneのコンサートなのに当たり前のようにJr.がマイクを持ってSexyZoneの歌を歌って、トロッコに乗ってお手振りをしている。
 
 
異常としか思えない。
 
 
 
本当に5人に戻るのだろうかと不安は消えることはなく、彼らを見るたびに泣きそうになった。
 
 
菊池がサマコン神戸で「みんながセンターになるために頑張っている」って言ったというレポを見て勝利がセンター以外ありえないだろうって思ってしまった。口だけなら何とでも言えるって思ってしまった。
 
 
ジュニアと変わらない衣装で。上3人とは全く違う衣装で。ジュニアと変わらない立ち位置で。上3人のすごく後ろで。マイクは持っても歌割なんて少ししかない。何がセンターだ。そんな時くるわけない。
 
 
期待することができなくなってしまっていた。
 
 
5人で歌えば、5人で踊れば、最初のように5人でいてくれれば…
 
 
希望を持っても全く叶う気配がない。
 
 
 
上3人が歌う曲は全然知らない。聞く気が起きないから。聡マリが頑張っている姿を見たら泣く。どうして報われないのかと悲しくなるから。
 
 
私、何でアイドル見て悲しくならなきゃいけないんだろう。悔しいって、最悪って、マイナスな気持ちばっか溢れてくるんだろう。
 
 
アイドルっていうのは、自分に元気や勇気、楽しさ、嬉しさ…プラスなものをくれるものだと思う。なのに見たら泣いてしまうなんて余程だ。
 
 
SexyZoneを応援することに少し疲れてしまっていた私は私立恵比寿中学目当てで見ようとしていたMステに嵐も出ていたので久々に歌い踊る嵐をしっかりと見た。
 
 
 
2015年2月20日
 
歌っていたのは「Sakura」
 
私が待ち望んでた嵐キターーーーーーー!!!!!
 
かっこいい。ひたすらかっこいい。そしてちゃんと5人。何度見ても5人。グループってこうだよね…!
 
 
その頃は受験に進学に大忙しだったため、ひとまず落ち着いた5月ごろ何十回とSakuraを見続け、嵐熱が復活。
 
 
ニコニコ動画で嵐の動画見て、まさかの5月にデジタリアンを聴き込み始める。デジタリアン最高イェアッ!!
 
そうしてグループとしての安心感を求めるべく嵐に寝返った私。
 
 
今年、3年ぶりに嵐のライブに行くことになった。楽しみたいと思う。
 
私がSexy鬱に悩まされてる間にセクゾももうすぐ5年目に入るということでえらく"5"を強調した新曲「カラフルEyes」をリリースすることが決定した。KQJからシングルもアルバムも買っていないので1年半ぶりのCD購入ということになるだろう。
 
 
ずっと在宅極めてきたけど、今年からはガンガン動いていこう!!!
 
 
オタクは楽しく!
それ行けGOGO!オタクGO!
(なんだこの締め方)