With your future

男も女もアイドル祭り

岡田准一さんにハマる(って言い切る)

2015.10.25

 
私は岡田准一さんにハマると決めた。
 
 
今最高潮に岡田くんのことをかっこいいと思っている。
 
 
V6は普通に好きだった。みんな面白い人達だし。けど、追いたいという気持ちはなかった。現在私は嵐とSexy Zoneの二足のわらじである。3つ目となると色々厳しい。
 
 
まあ、でも私の中でビビッときたからしょうがないのである。どうせこの先もアイドルに金を払う人生送るつもりだし。
 
 
何故、いきなり岡田准一さんにハマろうと思ったのかと言うと、『図書館戦争』がきっかけである。
 
私が図書館戦争の原作を読み始めてすぐに実写化の話が出た。岡田准一榮倉奈々、共にダ・ヴィンチのランキングで1位になっていたのを知っていたので、納得のキャスティングと判断し、友達と映画を見に行った。素晴らしい出来だった。第1作はそれだけで済んだ。別に岡田くんにハマろうとかは思わなかった。
 
今年、続編が作られると聞き、私の頭の中に浮かんだのは「革命編!?段ボールキスくる!?!?」だった。私は図書館革命の段ボールに収まっている堂上教官にキスして1人で目的地に向かう郁の姿に度肝を抜かれて以来、このシーンがえらく好きだ。これを実写しちゃうのか!!!と期待がハンパなかった。ま、実際岡田くんが段ボールに入ることはないのだが、LMの方も素晴らしい出来だった。映画についての話はまた後日たっぷり感想を述べようと思う。
 
期待以上にLMを楽しんだ映画公開初日の10月10日。

の翌日の11日。姉とショッピング中の私は本屋でブラブラしている時、スーツウーマンなる雑誌の表紙に写っていた岡田くんを見てときめいた。
 
は…かっこよ…めちゃくちゃかっこよいよ!?!?
 
脳がそう私に訴えかけてきた。
まあその時は私の脳は図書館戦争仕様になっていたから、堂上教官な彼にキュンときていたんだと思う…と思いたい。
 
その後ツイッター図書館戦争の30秒動画を見続けているうちに、流れにのって岡田くんの昔のやつも見ていた私。
 
昔の岡田くんの美しさったらこの上ない。
今考えても私はこの人と同じヒト科の生き物なのかと目を疑う美しさ。
 
そっからニコニコ動画で「なかよしっくす」と検索してV6動画を見続ける日々。(あらしっくす動画が最近増えていたので、そこからの流れで夏の終わりころからV6の動画は見ていた)
 
岡田くんの声、ひどい(いい意味で)
 
2003年のVプログラムで岡田くんがソロで歌っている「上弦の月」を聞いてたまげた。なんじゃこのゲロ甘な歌声は…!!!この声が8年目にしてもまだ初々しいかわいさを保ち続け、その上美しさまでも兼ね備えた彼の口から出てくるという奇跡。
 
ハマってしまう…岡田沼にハマってしまう…
 
 
でも待て自分、V6は今年20周年。お前は20年の歴史に立ち向かえるのか。V6はV6としてだけではなく、トニセン・カミセンといったユニットとしての楽曲もある。軽い気持ちでハマっても知らんぞ…というかJaponismに集中しろよ…またぽぷ魂の二の舞を演じるのか!?
 
 
そ、そうか…20年…で、でも岡田くん見たら完全にギューーンってなるんだよ、これってさ…ホラ…
 
 
何考えてんの!?今年はSakura見るために頑張ってきたんじゃないの!?岡田くんを好きになっちゃった♡とか許されないんだよ!!!衝動に駆られて行動してみたら違ったわ~とか絶対にダメなんだかr
 
 
えぇ~い!!!じゃかあしぃわ~~~!!!
 
ハマっちゃだめだって思いながらも手は岡田くんを求めてんだよ!!!完全に堂上教官ではなく岡田准一という一アイドルに沸いてんだよ!!!!!
 
20周年?私は嵐の8年間を半年で無理くり学習したんだ!何年かかるか分かんないけど追いかけてたら時間が自然と私におしえてくれるよ20年の歴史を!!!知らんけど!!!
 
手始めに有名どころの「Supernova」「Over」などを見てみたが、個々の力量がすごすぎる。坂本リーダーとイノッチの文句ない歌唱力の高さもそうだが、剛健コンビのキャラメルボイスと呼ばれる甘く鼻にかかった歌声と博の優しく包み込むような歌声、岡田くんの甘さと響きの調和のとれた歌声。そんな6人が混ざり合った瞬間の爽やかさと深みとを持ち合わせた何とも言えない素晴らしき歌声。こりゃどんな歌にも合うだろうなと思った。
 
それに加えて6人がビシッと揃っているキレキレなダンス。V6は昔のシングルだってきちんと踊っている。コンサートの8割はバッキバキに踊っているんではないだろうか。アンコールの終盤でサンダーバードを力を抜くことなく踊り歌っていてどんだけ体力有り余ってんだ…と少し怖くなるくらいである。セクゾはもはやコンサート全体がファンサ祭りと化しているし、嵐は踊りが見たい曲がお手振り曲になってしまうことが多い。まあ嵐は演出重視だからいいんだけども。
 
パフォーマンス力が高いとは聞いていたが実際見てみないと分からないものだなと思う。まだOMGコンしか見ていないが、満足感がすごい!!!ライブ行きたいってなるよこれは!!!
 
今さらラブセン始めちゃったし、うたプリとかやってた私にはこのゲーム夢すぎてびっくりですよ!?これジャニーズみんな出せばいいのに!!!いやそれもそれで気持ち悪いからいいけど…wwゲームを進めながらスクショを撮りまくる…いや~~~岡田氏かっこいい。日本史が好きとかもう教わりたい…日本史めっちゃ嫌い…大体ね覚えられるわけないでしょあーんな長い歴史を!子供の脳のキャパどんだけあると思ってるのよ…
 
あれ、話が脱線してるわ…
 
とにもかくにも私は岡田准一さん、V6を頑張って勉強していきたいと思う。担当枠に入れるかどうかはちゃんと知ってから決めたいと思う。
 
担降りブログみたくなっているが、今のところ私の心の頂点はマリウス葉くんであり、SexyZoneを優先していきたい。岡田くんが頂点に来ることはないと思われる。嵐のほうはというと、だいぶ熱がない。(戻って半年でこれかよ)MステのJaponismメドレーを見たら熱が復活するかと思ったが、ここにきてレコーダーの調子が悪くなってきていて、心の空の序盤のほうがフリーズしてしまっている。イラつくから見返す気も起きない。あと、アルバムを聴き込もうと思っても、どうしても和の感じが耳に馴染まないのも不安だ…。まあ自分を奮い立たせて早く覚え込みたいと思う。
 
図書館戦争のも早く書き上げたーいな♡(遠い目)