With your future

男も女もアイドル祭り

ラブセンが楽しい

iPhoneにV6の曲を200近く入れてから1ヶ月くらい。早くも好きな曲ばかり聞いてしまい全ての曲を知ろうとならない。アルバム別に聞いたがいいのかも。


V6を好きになって、モロモロ動画を見たりして完全に岡田准一さんが好きになりまして。これからを応援したいと思うようになっちゃいました。担当という額縁をかけるとそりゃあもう愛しさが増す増す(笑)。でも私は降りたわけではありません。前記事でも書いたように今の頂点はマリウス葉くんであり、SexyZoneです。3年前悩みながらも掛け持ちを決めた私が今回そのスペースを広げると決める時、全く悩みませんでした。悩んでも好きなのは変わらないし、岡田くんに興味ない時の私にはもう戻れないと悟ったからです。あと純粋にV6の6人に魅力を感じているからですね。V6最高です!


ということで岡田准一さんを担当にすることを決めた私なのですが、どうしてこうも短期間で心を奪われた(なんか言い方が…笑)のかと言うと、ラブセンの力が大きいと思います。

ラブセン?何それ?

この記事を見る方の中にラブセンを知らない人はあまりいないとは思いますが、一応知らない方のためにサクッと紹介を。

ラブセンとはソーシャルゲーム界の最大手GREEと肖像権に非常に厳しいジャニーズ事務所が手を組んだ前代未聞の現役アイドルV6と恋ができちゃう乙女ゲームです。(雑だな)

遊び方としては、1日5枚のストーリーチケットを使い、地道に話を進めていきます。バーンとやりたい人は金を出す、ただそれだけ。ちょこちょこミッションという名の課金キャンペーンがありまして、課金したらメンバーとの甘い特別プレミアストーリーを、課金せずラブセン内でのお金・マネーを使うとノーマルストーリーを読むことが出来ます。マネー以外に自分の女子力を問うミッションもあります。マネーと女子力はお仕事で貯めます。画面をタッチするだけの簡単なお仕事です。こんなんで本当の女子力は上がりませーん!!!でもお仕事上手くいったらメンバーから甘い言葉をもらえます。がんばれるよ!しかし全てにおいて虚しさを感じます。メンバーからのプレゼントだって言っても自分で貯めたマネーで買うんです。なんて虚しいプレゼントだよ。というかもうそれプレゼントじゃ、ない。

2013年から始まったこのラブセン。当時はTLに激震が走ったことを覚えています。だって絵とかアバターとかじゃなくて本人画像が使われている(アバターもあるっちゃある)、それも何パターンも。これ本当にジャニーさんが許したのか?信じられない!とTLも言っていたし私も思ってました。まあ、V6の歳で乙女ゲーって…と小馬鹿にもしてましたし、2013年に私がラブセンをすることはありませんでした。SexyZoneの方も忙しかったんで…(今思うと、この時の自分ぶん殴ってやりたい〜馬鹿はお前だ〜〜)


そして現在2015年、私は岡田くんルートを進みに進め先日、本編を終えました。率直に言うとラブセン面白い!!!!!(※個人的に)夢小説も読むし、うたプリもギャーギャー言いながら攻略しちゃう私にとってラブセンは言わば理想のゲームと言えます。話の流れ的には主人公(私)の職場にV6が撮影でやってきて、ひょんなことからあるメンバーと携帯を取り違えてしまい、恋が始まる…みたいな感じです。こういう夢小説読んだことありますわハハッ。


私はまだ岡田くんルートしかやっていないんで他メンと比べることはできないのですが、岡田くんはめちゃくちゃ無口な感じで、ずっと沈黙してます。2人して永遠「…っ…!」とか言ってます。それしか喋らんのかいって思うときもあります。そんなんで恋育める?って思いますよね?大丈夫!岡田くんは私の心がめちゃくちゃ読めるエスパーだから!!!!!(語弊)私が考えていることを顔に出してしまうタイプなのかもしれないけれど、岡田くんはいつだって私の心を読んでくれます。こわい。大体連絡先交換するのが遅い。でも私と岡田くんはなんやかんやの糸で繋がれているから連絡先交換していなくてもパッタリ会えちゃうんだな!会えると思ってた♡でぜーんぶ丸く収まるんです。って、んなわけあるかい!!

と、まあ色々言いたくなることもあるんですが、岡田くんの画像と甘いセリフだけでどうでもよくなります。ラブセンを始めて最初に思ったのは「あ、やっぱ岡田くん顔整ってるわ…」でした。顔がいいアイドルと甘いセリフが似合わないわけないんですよね。私は、ん?って言ってそうなちょっと半笑いな岡田くんが一番好きです。ギュンギュン心がときめきます。ラブセンは本人画像がついた夢小説みたいなものですが、本人画像がついてることによって本当に自分がアイドルと付き合ってるんじゃないかという錯覚に陥ってしまいます。(私だけかも)

私はラブセンを進めながら姉にさも現実で起きたことのようにラブセンの話を毎日うざったくしていました。その結果姉は岡田くんの「お」の字を聞くだけで唸りだすようになってしまいました。恋の力って恐ろしい☆なかなか上手くファンタジーとリアリティーの間をとっているなという場面が多いので、本気でゲームの中の岡田くんに振り回されます。今日も振り回されました。顔がかわいい言うこともかわいい…かわいいの大洪水で息できへんがな〜!!!状態ですよ。困りますよね。

本編もさることながら、1ヶ月に1〜2回のペースでイベントも開催されていて今はクリスマスイベントやってます。これがまた金搾取のためのうまい方法だな〜と感心してしまいます。ストーリーチケットを使わず1日に進めるだけ進めることができるんです。本編よりサクサク進むっちゃあ進むんです…。しかし………例えば進めた結果メンバーと付き合うエンドになるとします。けれど付き合い始めたその後のエピローグは課金しなければ見れません。鬼か。こちとら准ピーとの甘い日々見れると思ったら門前払いだなんて!キビシーーーー!!!早めにイベント攻略できれば限定アバターを貰えるなど課金したい気持ちを奮い立たせる要素がたくさんあります。結局課金してる人が勝ちだなって何度も思い知らされてます。けれど私は絶対に課金しません。人としてヤバイなと思うからです。姉にも友人にも課金したら軽蔑するわと言われましたし。


しかし無課金でもとても楽しめます。実際ラブセンを始めてみて、かっこいい岡田くんと甘いセリフで胸躍りすぎてリオのカーニバル開いちゃった私はその日から准ピー准ピー言ってます。たとえ人目をはばからずカフェで2人でお茶しちゃうなんて危機管理能力ゼロな准ピーだって、付き合い始めたら俺の家来てとか君の家に行きたいとか突然の家好き発動しちゃう准ピーだって丸ごと抱きしめたい衝動に駆られます。アホなストーリーだなと思っててもキュンとしちゃいますよ乙女だもの。


ラブセンによって無駄に岡田くんにドキドキするようになってしまった私はどんな岡田くんを見てもときめけます。山男でも油売りでも岡田くんだしイイヨイイヨ!!!好きな人なら何でも許せるバカ女の典型ですね。なんだか悲しくなってきた……昨日は護身術教えられたし…やっぱ准ピーだいぶおかしい……けど好き…とにかくラブセンをするとこのように愛が深まるということですよね。そういうことです。

さぁ、今日も元気にマネーと女子力あげて准ピーとの目眩くハッピーライフ送ろっと!